色について

色の理解と共通認識

カラーパレット

色には人それぞれの「感覚的なイメージ」があり、同じものや色を見ていても微妙に認識が異なります。

印刷物のように数値化された色はカラーチップなどで「意識の共通化」を図ることが可能です。

色の感じ方・知覚と種類

色の表現方法の違いから、「RGB」と「CMYK」では色の感じ方が異なります。

RGBテレビ・パソコンのモニタ・携帯電話など

テレビ・パソコンのモニタなど、発光体からの光が直接目に届いて色を感じる。

テレビ、パソコン

RGB

RGBは、テレビやパソコンのモニタなどに利用されている発色方式です。 赤(R)、緑(G)、青(B)の色光の三原色を利用しており、3色が混ざるほどに明るくなり白に近づいていきます。

CMYK印刷物など

印刷物など発光体でない物体は、物体に反射した光が目に届いて色を感じる。

印刷物

RGB

CMYKは、印刷などに使われる発色方法です。
シアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)の色材の三原色を利用しており、3色が混ざるほどに暗くなり黒に近づいていきます。印刷ではこれと独立して黒(K)を加えた4色が使用されています。

表現可能範囲・色域

色域

「色光の三原色(RGB)」と「色材の三原色(CMYK)」では色域(表現できる色の範囲)が異なります。RGBで表現できる原色に近い鮮やかな色が、CMYKでは表現できないことがあります。

鮮やかさに差が大きく出る

演色性・環境変化

自然光と人工光の演色性

照明などが物体を照らした時の色の見え方に及ぼす光源の性質のことをいいます。「同じ色」でもロケーション・環境変化に伴い演色性は変化し、それによって色の見え方も変わっていきます

お問い合わせはこちら