フロアアルミ

鉄道施設などで多数の採用・施行実績のある「防滑オリジナル製品」です。

なぜ「近藤工芸」が選ばれているのか?

  • 専門分野メーカーとの、情報交換による信頼性の向上
  • 曝露テストと全国タイル検査・技術協会の試験に合格
  • 現場の生きた声を、日々製品分析や品質改善に反映
  • 企画・デザインから、製作・施工まで一貫体制でお応え

多彩なシーンで防滑グラフィックを演出します。

耐滑り性試験値

※材料幅(有効):1200mm、材料厚さ:1mm
CSR(水+ダスト) 0.7(最適:0.45~0.7)
BPN(水) 61(40以上が望ましい)

耐滑性試験について

全国タイル検査・技術協会が実施している「滑り」についての抵抗性試験です。床の材料及び仕上げは床の使用環境を考慮した上で、高齢者、障害者などが安全かつ円滑に利用できるものとしています。
(東京都における福祉のまちづくり条例)

CSR 東京工業大学式

滑り試験機(OY-PSM)による計測でCSR値を算出。安全性を軸に人間の動作・歩行感覚を取り入れた測定方法。JIS規格 JIS-A1454に準拠。(最適:0.45~0.7/許容0.4~0.9)

BPN 振り子式

落とした振り子と試験材との摩擦を計測してBPN値を算出。主にアスファルト舗装の車道表面の横滑り抵抗を測定。ASTM(米国材料試験協会)に準拠。(40以上が望ましい)

※この評価は全国タイル検査・技術協会の試験方法に基づくものであり、適切な目的・対象路面・施工方法により製品性能を維持します。「防滑性」を保証するものではございませんのでご了承下さい。

施工実例

施工実例

※掲出推奨場所は施工手順をご参考にしていただき、他の施工実例もございますのでお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら